レコーディングダイエットの効果はどうだったか

レコーディングダイエット

こんにちは!26歳の女性です。

今回は、レコーディングダイエットを実践してどんな効果があるのかや方法そして感想をまとめたので参考にして頂きたいと思います。

今迄に試したことがあるダイエットは、りんごダイエット、茹で卵ダイエット、プチ断食などです。

私は、甘いもの好き、運動苦手です。

結局筋肉がある程度ないと体重キープできないから、食事制限&軽い運動が最強なのかも。

でも楽して痩せられる方法をいまだに模索中!

さて、それではレコーディングダイエットのレビューをしていきたいと思います。

レコーディングダイエットとは

レコーディングダイエットは、食べた物、飲んだ物の内容をノートなどにすべてメモしていくダイエット方法です。

レコーディングダイエットの方法

ネットで調べて、摂取したカロリーも書きます。

記録する暇がないときは、写真を撮っておいて、後で記録してもOK。

レコーディングダイエット用のアプリなどもあります。

毎日体重を測り、その増減も記録しておきます。

食べたものを一日の終わりに見直すことで、摂取カロリーや体重の増減が気になるようにするのが目的です。

カロリーを意識することで、無理にダイエットしようとしなくても、間食などが自然と減っていきます。

毎日摂取カロリーを計算していると、より低カロリーなものを食べようという意志が強くなっていくようです。

レコーディングダイエットを選んだ理由

「世界一受けたい授業」に出ていた、ぽっちゃり子役タレントの細山君。

大人になった彼が、ビックリするほどスリムになっていたのをみてレコーディングダイエットに興味を持ちました。

レコーディングダイエット食事記録

ずっと太っていた人でも、リバウンドなく痩せられるのなら…と思ったのが理由です。

無理な食事制限や運動が必要なく、とにかく楽そうだったからというのも大きな理由です。

あまり厳しいスパルタなダイエットは私には向いていないと思ったので…。

運動はお腹が空いてしまいますし、運動は継続が難しかったんです。

食べた物を書き写すだけなら、ずぼらな自分でも続けられるかなと思ったのがレコーディングダイエットを選んだポイントでした。

とりあえず、ダイエットを意識するだけでも少しは変われるかなと思ったんです。

レコーディングダイエット実践レビュー

初日にわざわざノートを購入して、レコーディングダイエットにのぞみました!

食べた物の名前(料理名)と、摂取したエネルギーを記入していきます。

レコーディングダイエットのアプリ

飲み物も忘れないように書きこみます。

カロリーはネットで調べました。

■朝:
トースト(8枚切り)117kacl
はちみつ 70kcal
牛乳 130kcal
ヨーグルト 65kcal
計:382kcal

■昼:
カルボナーラパスタ830kcal
コンソメスープ 20kcal
オレンジジュース 80kcal
計:930kcal

■間食:
チョコアイス 180kcal

■夜:
ご飯 252kcal
みそ汁 61kcal
アジフライ 250kcal
キャベツサラダ 20kcal
煮物 150kcal
納豆 120kcal
計:853kcal

■夜食:
パウンドケーキ 300kcal

こんな感じですね。この日の総カロリーは2645kcalでした。

かなりオーバー気味です…。

レコーディングダイエットと運動

こういう具体的な数字を目にすると、やっぱりへこみますし、自分の食べ過ぎを自覚しますよね。

レコーディングダイエットは、書くのは簡単なのですが、カロリーを調べるのが地味に面倒です。

毎回カロリーを調べるのは無理なので、夜にまとめて書くのがおススメです。

ネットやアプリで、料理ごとのエネルギーはすぐに調べられます。

料理名を書くのが面倒なときは、写真を撮っておくとよいです。

カロリーを記入するようになると、食べるものの内容が気になってきました。

どういったもの高カロリーで、どういったものが太りやすいのかにかなり敏感になるんです。

平均的な女性の一日の摂取カロリーは1500~2000kcalぐらい。

あたりまえですが「カツ丼」や「ラーメン」なんかはすごいカロリーなので、一食食べるとその日はオーバーカロリーになってしまいます…。

意外と「カレーライス」や「餃子」なんかも高い!

そういうことに気づいてからは、カロリーが高そうなものを食べた日はなるべく間食を減らすようになりました。

毎日記録を続けていくと、自分の食事の偏りにも気づいていきます。

レコーディングダイエット続かない人は

たとえば、朝はカロリーが少なくても、夜食が多いとか。

野菜は好きなのでなんでも食べますが、ついつい水やお茶ではなく甘い飲み物を買ってしまうとか。

飲み物でカロリーが変わってくることに気づいて、自然とお茶や水を飲むようになりました。

本当に疲れているときは、甘いコーヒーやミルクティーで一息入れる感じです。

ストレスはダイエットの敵なので、なるべく自分を追い詰めないように気を付けました。

甘い飲み物を飲まないようになると、一ヶ月くらいで体重に変化が!

正直なところ、まったく体重が減らないのでくじけそうになっていましたが、変化が出てくるとやる気もアップします。

さらに食事を見直し、野菜を多めに取り入れるようにしました。

食事制限をしてしまうと、一気にストレスになりそうだったので「好きなものを好きなときに食べる」というスタンスは崩さないままです。

外食の時は、メニュー表に書かれているカロリーを気にするようになりましたね。

イタリア料理などにいくと、パスタやピザはかなり高めなので、リゾットを頼むようになりました。

水分を多く含む料理のほうが、お腹いっぱいで満足度もあります。

レコーディングダイエットはノートが良い

食後のデザートなどは、記入するのも面倒なので頼まないようになりました。

レコーディングダイエットのポイントは「書くのが面倒くさい」という自分との戦いです。

頑張って食事を記入さえしていれば、劇的に痩せるということはなくても体重キープは絶対にできます。

でも、意外と簡単そうに見えて「毎日記録する」というのは面倒なものです。

写真を撮ったり、アプリを利用したり、続けられたら自分にご褒美を上げたり、モチベーションをたもつ努力が必要かもしれません。

一ヶ月ぐらい続けると、調べなくても大体の料理のカロリーがわかるようになってきます。

そうなると、かなりダイエット上級者になった気分になりますよ。

レコーディングダイエットの結果と感想

レコーディングダイエットを1か月続けた結果、体重は2kg減りました!

ちなみに、その後も続けてみましたが、二ヶ月目以降はほとんど痩せず…

レコーディングダイエットのブログです

結局、ノンビリと続けてはみましたが、半年ぐらいたってもほとんど体重は変わらず、そのうち止めてしまいました。

体形はあまり変化なしです。

痩せても、見た目は変化しないのはちょっと残念ですね。

お腹や二の腕など、気になる場所があるときは筋トレや運動も一緒にしたほうが良いでしょう。

ゆっくりと自然に痩せていくので、リバウンドは少ないと思います。

ただし、急いで痩せたい人には向いていないかも。

ゆっくりと健康的に痩せたい人であれば、レコーディングダイエットをおすすめします。

私の場合、毎日食べているものを見直すきっかけになりました。

私だけかもしれませんが、とにかく糖質をたっぷり摂り過ぎている!

ご飯、パン、麺、甘いモノ全般…これは太りますよね~。

菓子パンなんかは一つ食べるとすごいカロリーです。

レコーディングダイエット効果はどうなのか

カロリーを気にし過ぎると、ストレスになってしまうので、そのへんはバランスが難しいです。

友達と外食するときなんかは、あまりカロリーは気にしないほうが楽しめると思います。

その他に伝えたいコト

まめな人であれば、ノートに自筆で書くほうがダイエット効果は高いかもしれません。

一日の行動をしっかり振り返れるからです。

私のようなずぼらにとっては、アプリなどがおすすめです。

料理名を入れるだけでカロリーを計算してくれるアプリや、写真日記のようなアプリがあります。

大きく体重が減ることはないですが、ゆっくり痩せて健康的な食生活を送ることができるので、長い目で見ればとても良いダイエット方法だと思います。